カバヤトランスフォーマーガムやミニプラ等の組み立て食玩を中心に扱っていきたいと考えています。 初めてこられた方は索引から見ていただくと分りやすいかと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイバードガム第2弾
ファイバードパヶ2
(クリックで拡大)

ファイバードガム第2弾はなんと敵キャラである
「ドライアス」が商品化されました。
勇者ガムで敵キャラが商品化されるのは後にも先にも
ドライアスだけ。
ちなみに他のラインナップは「ガードウイング」
「エースバロン」「サンダ-バロン」です。

ガードウイング
DSCN0411.jpg
ガードチームの最後の1人がカバヤ版でも登場!
しかし残念なことに第1弾との互換性はないため
スーパーガーディオンには合体できません。
ビークルモードはトイと比べると
随分アレンジが入っています。




DSCN0410.jpg
変形はほぼバラしての組み換え変形になります。
ガーディオンの強化パーツ的な位置付けのキャラ
なので多少の組み替えは許容範囲といいたい
ところですがこれはやる気なさ過ぎ。
第1弾は組み替えを最小限に留めていたのに…




DSCN0414.jpg
しかもロボ時には余剰パーツまで出る始末。
組み換えを少なくした上で余剰パーツが出るのは
まだ許せますが、ほぼ分解状態になるこの仕様で
余剰とか…なんでこんなことになったんでしょう?




DSCN0412.jpg
DSCN0413.jpg
DSCN0416.jpg
ロボット状態可動は見たまんま。実はこの
ガードウイングは勇者ガムシリーズの中では
現在入手難度が高めの部類にはいるのですが
中身はぶっちゃけはずれアイテム的代物。




エースバロン
DSCN0383.jpg
今弾はバロンチームの合体版であるサンダ-バロンも
ラインナップされていますがリーダーの彼のみ
合体機構をオミットして単体で商品化。




DSCN0385.jpg
変形時はキャノンとアンテナパーツを取り外します。
武器は玩具でもとりはずせる箇所なので実質
組み替えはアンテナのみ。




DSCN0386.jpg
DSCN0388.jpg
ロボット状態。トイ版はヒョロッとしたプロポーション
でしたがカバヤ版はかなりよい感じのバランス。
股が開くので巣立ちでもかっこいい。
棒立ち以外のポーズがとれるだけでこんなに印象
が変わるものなんですね。




DSCN0403.jpg

白飛びしてうまく撮れませんでした。




サンダ-バロン
DSCN0389.jpg
引き続きバロンチームの合体版が登場。
パッヶには巨大ジェットからサンダ-バロン
に変形するようにしか書かれていませんが
個々のビークルモードは再現できるように
なっています。さすがにこのサイズでは
個々のロボットへの変形は省略されています。




DSCN0390.jpg
エースバロン。胴体パーツになります。



DSCN0394.jpg
ドリルバロン。腕部になります。



DSCN0393.jpg
ロードバロン。同じく腕部に。



DSCN0391.jpg
マリンバロン。脚部になります。



DSCN0392.jpg
スカイバロン。同じく腕部に。
エース以外の4体は意志を持たず
エースバロンが4体を操っているという設定。




DSCN0395.jpg
合体して巨大ジェットになります。
なかなかの密度感。




DSCN0396.jpg
DSCN0397.jpg
フォームアップ!サンダ-バロン!
変形は組み換えは一切なし。変形合体も
簡単で負荷のかかる部分もなく非常に
ストレスなく遊べます。



DSCN0398.jpg
プレイバリューも高く今回のなかでは
一番楽しめるアイテムだと思います。




ドライアス
DSCN0404.jpg
さて今回の一番の注目アイテムとなるドライアス。
ビークルモードは非常によくまとまっていて
かっこいいです。ビークルモードのまとまりは
デラックストイ以上だと思います。
ただし個々のビーストへの変形合体は不可能。




DSCN0405.jpg
ロボット状態への変形はガードウイングばりの
組み替え地獄。しかも組み換えにも関わらず
外すのが困難なパーツ構成でこれでは組み替えに
した意味がありません。マジで固いジョイントが
多いので組み立て前に調整しとかないと後で
惨事を招きかねません。




DSCN0407.jpg
DSCN0408.jpg
ロボットモード
さすがに組み替えをしただけのことはあり
かなりかっこよくまとまっています。
ボスキャラなんだからせめて武器くらいは
つけて欲しかったですね。



DSCN0409.jpg
しかしやはりこれだけの組み替えになるなら
個々のビーストモードも再現してほしかった。
サンダ-バロンをみていると可能なように
思えるのですが…


以上、ファイバードガム第2弾でした。
カバヤ勇者ガムで最初で最後の敵キャラの商品化
という珍しい弾になりましたが、実は敵キャラ
だけなら勇者チョコのほうでダイノガイストが
発売されていたりします。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://bowbowdaijin.blog96.fc2.com/tb.php/71-10e8b099

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

konnkichi

Author:konnkichi
始めたばかりですがこれからどんどんカバヤの食玩を御紹介していきます。
過去記事にも画像追加することがありますがその場合は索引のページから報告していきます。

BBS
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。