カバヤトランスフォーマーガムやミニプラ等の組み立て食玩を中心に扱っていきたいと考えています。 初めてこられた方は索引から見ていただくと分りやすいかと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパービーストウォーズチョコ

pakes_d.jpg
パッケージ(クリックで拡大)

今回はBWシリーズの真打ち、マグナボスをご紹介!
300円シリーズにあたる商品ですがなぜか今回は
ガムではなくチョコになってます。全3種。

カバヤ版マグナボスは全体的にクオリティの
低い商品が多かったBWシリーズのなかではかなり
気合いがはいっています。組み替えは相変わらず
ですが今回はかなりの部分を可動で変形できるように
しており、ほとんど分解せねばならなかった
トリプルダクスとはえらい違いです。


またトイ版はトリプルダクス同様非常に複雑な
変形合体をこなすため食玩で再現するのは難しいと
思われましたが、少ない組み換えで合体を
再現しておりなかなか好感がもてます。



ライオジュニア
AP_10008.jpg
AP_10005.jpg
ビーストモード
前回の300円シリーズと比べると全体的にパーツ数が
増えてその分サイズも200円シリーズ並になっています。
ロボット時の頭部は本来余剰パーツですが
たてがみの内側に無理矢理押し込んでます。



AP_10013.jpg
変形時に組み換えるパーツ
武器は変形しないため追加パーツとなります。
組み換えパーツ数は平均レベルですが可動箇所が
割と多いのでストレスはあまり感じません。



AP_10017.jpg
トランスフォーム!
トイ版は各関節がボールジョイントでぐりぐり動くのですが
さすがに食玩では強度の関係上無理。
若干ヒョロっとしたプロポーションになってます。



AP_10014.jpg
顔はいつものコンボイ顔




スカイワープ
AP_10006.jpg
AP_10007.jpg
ビーストモードは羽が大きくてかなりのボリューム。



AP_10010.jpg
ちなみにビーストモードではロボ時の腕部が余剰に
なるのですがこうすれば無理矢理収納が可能。



AP_10009.jpg
組み換えパーツ
ライオジュニアと比べて可動で変形させる
箇所が少ないので面白味に欠けます。



AP_10015.jpg
トランスフォーム!
羽がでかいのでバランスとるのが大変ですが
プロポーションは良好。



AP_10011.jpg




サントン
AP_10003.jpg
AP_10002.jpg
合体時は胴から足になるパーツが内部に
収納されているためビーストモードはぎっちり
つまってる感がでています。ちなみにサントンの
武器はライオジュニアに付属。説明書では武器は
耳に取り付けるのですが変に目立つので
またしても内部に無理矢理収納しちゃいました。



AP_10004.jpg
組み換えパーツ
3体中最も複雑な変形をするのでかなり
組み換えは多くなると思いきや、以外にも
武器を除けば頭部のガワと両足の4点と
3体中最も少ないパーツ数。BWでは初め
てカバヤの気合いを感じました。



AP_10016.jpg
トランスフォーム!
可動箇所こそ少ないもののプロポーヨンは
かなり玩具に忠実。説明書には書かれていませんが
武器は画像のように頭部ガワの裏側のピンを
利用すればとりつけ可能。



AP_10012.jpg
モールドはダルいですがちゃんと
ディティールを再現しています。



AP_10001.jpg
合体!!



AP_10020.jpg
ライオジュニアの変形。胸部~頭部になります。



AP_10019.jpg
同じくスカイワープも胸部~頭部を担当。



AP_10021.jpg
サントンの変形まずは腕部から。手首はスカイワープの
ランナーに付属している追加パーツとなりますが、
ビーストに戻す時は画像の左手のように収納できるので
余剰パーツにはなりません。



AP_10022.jpg
続いて胴体~両足。サントン1体でこのボリューム。



合体!マグナボス!
AP_10025.jpg
プロポーションは上半身がマッシブだったトイ版と
比べると足が長くなっています。個人的にはこっちの
プロポーションの方が好みですね。



AP_10024.jpg
後ろ姿もなかなかかっこいい!



AP_10023.jpg
以上マグナボスでした。合体の複雑さや面白さは
エルドランシリーズを彷佛とさせます。
さらに全合体時には余剰パーツがでないのも嬉しい点。
はっきりいってBWシリーズでは最も完成度が
高いと思います。本気をだせばこのくらいできるんだから
他のももっと頑張ってほしかったなあ。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
45. montecrist   URL  2008/06/12 00:43 [ 編集 ]
意外と出来が良くて驚きました。
以前のコメで管理人さんが見た目だけなら再現度が高いと仰ったのでまた例の如く組替えの嵐になるのかと思いきやこのマグナボスは組替えがかなり減ってるっぽくてなかなか遊び甲斐がありそうですね。
トリプルダクスの後で見ると神食玩にすらみえます(笑)。
しかしアニメでの活躍といいこの食玩といいマグナボスは随分と優遇されてますよね。アニメの後半では殆ど主役扱いでしたし。
玩具もトリプルダクスよりマグナボスの方が売れたのではないでしょうか。
あと今思いついたんですけどトリプルダクスとトリケラトプスって似てますよね?(無視して良いです)
46. 管理人   URL  2008/06/13 12:46 [ 編集 ]
>montecristさん
マグナボスの組み換えはガンバルガーガム等エルドランシリーズの組み換えに近いものがあり、それでいて合体後はかっちりしている(エルドラン系はパーツポロリや破損が多かった)のでかなり扱いやすくなってます。
ここまで出来に差があるのならトリプルダクスも300円シリーズでだしてほしかったですね。
アニメのマグナボスはやたらかっこいいフォルムですよね。インディアンというモチーフが見事にデザインに落とし込まれていると思います。

次回からBWネオのシリーズになりますが、先祖返りというかまたがっかりな出来のオンパレードになっていくのが残念。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://bowbowdaijin.blog96.fc2.com/tb.php/55-816d3f00

« 2017-06 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

konnkichi

Author:konnkichi
始めたばかりですがこれからどんどんカバヤの食玩を御紹介していきます。
過去記事にも画像追加することがありますがその場合は索引のページから報告していきます。

BBS
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。