カバヤトランスフォーマーガムやミニプラ等の組み立て食玩を中心に扱っていきたいと考えています。 初めてこられた方は索引から見ていただくと分りやすいかと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カバヤ ボトムズガム 第2弾
ボトムズガム第2弾は第1弾のラインナップに
「ストライクドッグ」と「ベルゼルガ」を新規に加えた
全7種です。今回は第1弾で紹介しきれなかった
宇宙守備隊スコープドッグと新規の2種をご紹介。
20070412121734.jpg

20070412121811.jpg

パッケージ(クリックで拡大)
イラストは第一弾の使い回しです。


下の画像はtaiyo 様からいただいた開封前の画像です。
(一部ガリアンガムが混ざってますねw)
hukuro.jpg

ボトムズガムは成形色が豊富でずらっと並べるとなかなか
カラフルです。こういった成形色に対する配慮はビッグ1ガム
では長く続けられるのですが、勇者ガム等のキャラものではかなり適当に
なっていきます。各メカごとに成形色を変えるというのは
今考えるとコストの面でも随分無茶してたんだなあと思います。



宇宙守備隊スコープドッグ
20070412121858.jpg

説明書(クリックで拡大)


035.jpg

本体はキリコ用をベースに武器とラウンドム-バーが追加。
成形色はメルキア正規軍ver.ですがかなりパステルチックで
安っぽい感じになってます。


009.jpg

ラウンドム-バーは20ものパーツで構成され見た目も良好。
取り外しも可能ですが他のドッグ系に付け替えることはできません。
少し加工すればキリコ用にも取り付けることができるのですが
もったいないのでしません。いつか予備のスコープドッグが
手に入ったら試してみたいです。


007.jpg

手持ち武器は説明書では専用銃(拳銃)としか書かれてないのですが
形状を見るかぎりGAT-49minペンタトルーパーですね。
こちらも後ハメ加工で取り外しできるようにしようかと考えた
のですが強度に不安があったのでやめました。一度手首を分解
すればキリコ用にも持たせれます。


005.jpg

宇宙用なら中空でのポーズもということで今回初めて撮影に
スタンドを使用してみました。スタンドはガンプラのものです。


006.jpg

取り付けは両面テープで無理矢理。なのでかなり不安定です。



ストライクドッグ
20070412122236.jpg

説明書(クリックで拡大)


044.jpg

主人公のライバルであるイプシロンの機体がついにカバヤ版でも登場。
一見ドッグ系に似ていますがほとんどが新規パーツです。
ストライクドッグはヘビー級ATなので本来スコープドッグよりも
大きいはずですがさすがに食玩ではそこまで再現するのは無理だった
ようでスケールは統一されてません。
こういった点にこだわる人から見ればスコープドッグと同じ背丈の
ストライクドッグにはかなり違和感を感じてしまうのでしょう。


043.jpg

プロポーションに関しては他のドッグ系の悪い所を受け継いでおり
頭部が大きく、しかも縦に潰れ気味になってます。
バーニアは2個共独立して可動。
ひざ裏を削り込んで若干ですが可動範囲を拡大しています。


手持ち武器は付属していません。武装は左手のアイアンクローのみ。
しかしこのアイアンクロー、ボトムズガムにしては珍しくギミックが
かなり細かく再現されています。

040.jpg

上部の爪の可動はオミットされてますがちゃんと上下共スライドし
機関銃の銃身が顔を出すというギミックが仕込まれています。
ストライクドッグの特徴的な装備であるにも関わらず
タカラ版キットでは再現されてなかったギミックです。
それをこのサイズで再現しているのは非常にポイント高し!
ちなみに銃口が埋まっていたのでピンバイスで開口してます。

これでスタンディングト-タスのように腰が回転してくれれば…


037.jpg

ということでついにやっちゃいました腰回転。
見た目には影響ないのでなかなか効果的な改造だったと思います。


038.jpg

やっぱ腰が動くと違うわあ。




ベルゼルガ
20070412122620.jpg

説明書(クリックで拡大)


004.jpg

全身の黄色(金色?)のラインと騎士をイメージさせるデザインで
他のATと比べて異彩を放っている印象のベルゼルガ。
そのせいか知名度は高く結構人気もある機体だそうです。
しかしカバヤ版ではさすがに黄色のラインの色分けがされてません。
シールでも黄色のラインは再現されておらず、このあたりの
不満の声が届いたのか次にリリースされるガリアンがムでは
ラインや模様がシールで再現できるようになりました。


003.jpg

プロポーションはドッグ系等と比べても小顔かつ胴体も細めで
なかなかかっこいいイメージに仕上がってます。またこの機体は
脚部がダイビングビートルの流用であるという設定になっており
カバヤ版も型を流用してそれを再現しています。
その為かダイビングビートルの欠点であったスワンピークラッグが
はけないという欠点まで同じになってしまったのは残念なところ。


048.jpg

せっかくなのでマスキングテープに色を塗るお手軽シ-ルで
黄色のラインを再現してみました。色は私の好みで金色にしています。
やっぱりこのほうがいいですね。


046.jpg
武装はGAT-40-Cアサルトライフルとパイルバンカーが付属。
射出された槍でコックピットを串刺すという凶悪な
パイルバンカーの槍部はさすがに抜き差しできません。


045.jpg

ライフルの弾倉は取り外し可能。
たった32発しかこめられないそうでこんなん役に立つのかって感じ。


047.jpg

タカラ版キットはかなりのデブ体形で評判が悪いようですが
こちらのカバヤ版はなかなかバランスがとれていると思います。


〈第3弾へ続く〉






スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://bowbowdaijin.blog96.fc2.com/tb.php/33-088fe77a

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

konnkichi

Author:konnkichi
始めたばかりですがこれからどんどんカバヤの食玩を御紹介していきます。
過去記事にも画像追加することがありますがその場合は索引のページから報告していきます。

BBS
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。